数年ぶりに色々と手直し中。。

ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd

ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2ndの更新情報をTwitterで垂れ流し中!  
(・ω・)ノ ヘッドライン


0.0
(0票)

plusminus

一番長くやってるorやってたゲーム

2006年11月30日 14:21コメントを読む( 81 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1162447952/


1 :名無しさん :2006/11/02(木) 15:12:32 ID:7Ean/uok
ハマった期間が長いゲーム教えてくれ



続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
2006年11月30日 14:21長編スレコメントを読む( 81 )書く
0.0
(0票)

plusminus

それ以来、落とし物は交番に届けることにしてる

2006年11月30日 12:03コメントを読む( 56 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1155260088/


14 名前:1/3[sage] 投稿日:2006/08/12(土) 14:25:51 ID:zSR5mwd0
以前、友人Aと歩いていたときに、Aが財布を拾った。
中身は5千円ほどだったけど、カードなども入っていた。
財布を拾った場所の近くに交番などが無かったので、私はAに、
「近くの店とかに預ければいいじゃん」と言ったのだが、Aは「交番に届けた方が確実」と言った。
Aの言い分が正しいと私も分かってはいたので、しぶしぶそれにつきあった。

交番に行きがてら、友人は小さい頃の話をしてきた。


Aの家は、割と貧乏だった。そして、親戚づきあいもあまりなく、お年玉をもらったことがなかった。
毎年、冬休みがあけて周りの友人が「いくらお年玉をもらった」という話でもりあがっているのを、彼女は悔しい思いで聞いていたらしい。

しかし、小学校5年になって、Aは初めてお年玉をもらった。
「Aちゃんももう高学年だもんね」
母親はそう言って、お年玉をくれた。中身は千円。
周りの友達に比べて額は少なかったが、実はAがあこがれていたのはお年玉をいれるポチ袋。
年末に文房具屋さんなどに行くとかわいいものがけっこう売ってて、
スヌーピーやキティちゃんなどのキャラクターのポチ袋が欲しかったらしい。
で、母親が入れてくれたのは、Aがその当時大好きだったケロケロケロッピのポチ袋だった。
Aはうれしくて、財布代わりの小さい巾着に、千円とポチ袋を入れてランドセルにひっかけた。
お金を使うことなく、ずっとお守り代わりのようにそれを持ち歩いていたそうだ。


15 名前:2/3[sage] 投稿日:2006/08/12(土) 14:26:22 ID:zSR5mwd0
しかし、ある日その巾着をなくしてしまった。
巾着自体、小学校の友達が北海道土産にくれたもの。
巾着、千円、ポチ袋と、Aの当時の宝物三点セットをいっぺんになくしてしまい、
そりゃあもうパニクったそう。
とにかく、自分が歩いた道をくまなく探し歩いた。しかし、みつからない。
気がつくと、遅い時間になっていた。そういうとき、タイミング悪く雨とか降ってくる。
巾着は布製で、もし見つかったとしても、三点セットはぐちゃぐちゃになってしまっているだろう。Aは泣きながら家に帰った。

家に帰る道すがら、交番の前を通った。
傘も差さずに遅い時間、とぼとぼ歩いている小学生に、交番のお巡りさんが気づいて声をかけてきた。
「どうしたの?」
腰をかがめて聞いてくるお巡りさんに、Aは感極まって号泣した。
お巡りさんは交番に彼女を入れて座らせ、タオルを貸してくれ、お茶をごちそうになった。
泣きやんだAにもう一度理由を聞いてくるお巡りさん。彼女は切れ切れに、宝物であるきんちゃくをなくしてしまったことを告げた。
お巡りさんはそれを聞くと、どんな巾着かと聞いてきた。
どうしてそこまで聞いてくるのかと思いつつ、彼女は「キタキツネの巾着」と答えた。そしたら、お巡りさんは満面の笑みをAにむけた。
そして彼は、「ジャッジャジャーン」と口でファンファーレを言いながら、机の上の箱からAの巾着を出してくれたそうだ。
Aが驚いていると、近所のおばあさんが散歩中、道に落ちていた巾着を拾って届けてくれたらしい。
おばあさん曰く、「小さい子供にとっては、これが宝物かもしれないから」
まさにその通りだった。Aは目の前にある巾着が信じられなくて、また号泣してしまったらしい。


「それ以来、落とし物は交番に届けることにしてる」
Aはそう言った。


16 名前:3/3[sage] 投稿日:2006/08/12(土) 14:28:15 ID:zSR5mwd0
次の日、母親と一緒に拾ってくれたおばあさんにお礼を言いに行ったそうだ。
おばあさんはお礼を言いに来たAをしきりに褒めてくれて、孫にお年玉にあげる際に買って余ったからと、
キティちゃんのポチ袋をAにくれた。

交番に着いて財布をお巡りさんに渡した後に入ったスタバで、Aはその時のケロッピとキティちゃんのポチ袋を、財布から大事そうに出して見せてくれた。

彼女はにこにこしながら、「今の彼氏、そのばあちゃんの孫」と言った。


なんか、繋がってるんだね。人って。


17 名前:14[] 投稿日:2006/08/12(土) 14:38:37 ID:zSR5mwd0
あ、蛇足だけど、キティちゃんのポチ袋は、おばあさんがAの彼氏のために買ったもの。
彼、当時大好きだったらしいww
2006年11月30日 12:03出来事コメントを読む( 56 )書く
0.0
(0票)

plusminus

朝食は毎日カレーうどんです。

2006年11月30日 09:07コメントを読む( 10 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://that2.2ch.net/test/read.cgi/gline/1079848675/


416 名前: 名無しさん@明日があるさ 投稿日: 04/03/24 15:41
うちは毎朝カレーうどん。
もう結婚して三年間毎日。


427 名前: 名無しさん@明日があるさ 投稿日: 04/03/24 15:44
>>416
すげえw
ここまでくると荒行だな、尊敬するよ
しかし、文句の一つも出てこないのか?


432 名前: 名無しさん@明日があるさ 投稿日: 04/03/24 15:45
>>427
たまに餅が入ってたり、ネギが入ってたりするからいいかな、って
2006年11月30日 09:07分類不能コメントを読む( 10 )書く
0.0
(0票)

plusminus

姉ちゃんはこりん星人

2006年11月29日 21:38コメントを読む( 17 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1160477356/


217 :名無しさん@そうだドライブへ行こう :2006/10/15(日) 08:48:52 ID:u7w5Yqxa0
兄貴一家が実家に遊びにきた。
兄貴の子(女の子:小1)は小倉優子がこりん星から来たと本気で信じてて、
談笑する大人の間を一生懸命説明して回ってた。場にいた大人は誰一人相手にしなかったが、
俺は「ミイねえ(俺の姉貴:24)もね、こりん星人なんだよ」と教えてやった。
その時、台所から顔を覗かせた姉貴がダッシュで二階に上がる気配がしたので
ちょっと時間をあけてから「証拠見せてやるよ」と、俺も姪っ子を連れて二階に上がった。

アラビア文学専攻の姉貴はカイロ留学から帰ってきたばかりで、部屋はアラブの本だらけ。
姪っ子は1冊を手に取りパラパラめくると、驚いた顔で次々本を手にとってめくる。
そこにクローゼットの中から姉貴登場。まだ荷物のバラシがすんでないのでクローゼットは空っぽだったが
アルミホイルで簡単な装飾がなされており、即席UFO風。
ヘッドフォンを縦(おでこから後頭部)に回し「ポピペパペペピッパペポープ」みたくp音のみで構成された言語を
アラビア語にまぶして話す姉貴。
「あ、電話中だった?ゴメ」と言うと、
「いいの、星から。すぐ終るヨ」と流暢な日本語で笑う。

姪っ子は、歓喜と恐怖の入り交じった表情で
「おとおさーーーーん、おかあさーーーーん」と転がるように階段を下りていった。
部屋に残った姉貴と俺はとりあえずハイタッチ。
ミイねえがこりん星人なら お前もこりん星の血が入ってるわけだがな。
2006年11月29日 21:38出来事コメントを読む( 17 )書く
0.0
(0票)

plusminus

特技はイオナズン

2006年11月29日 12:08コメントを読む( 21 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://that.2ch.net/gline/kako/1044/10443/1044343577/


432 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:03/02/17 21:11 ID:uhKVuWWl
面接官「特技はイオナズンとありますが?」
1__「はい。イオナズンです。」
面接官「イオナズンとは何のことですか?」
1__「魔法です。」
面接官「え、魔法?」
1__「はい。魔法です。敵全員に大ダメージを与えます。」
面接官「・・・で、そのイオナズンは当社において働くうえで何のメリットがあるとお考えですか?」
1__「はい。敵が襲って来ても守れます。」
面接官「いや、当社には襲ってくるような輩はいません。それに人に危害を加えるのは犯罪ですよね。」
1__「でも、警察にも勝てますよ。」
面接官「いや、勝つとかそういう問題じゃなくてですね・・・」
1__「敵全員に100以上与えるんですよ。」
面接官「ふざけないでください。それに100って何ですか。だいたい・・・」
1__「100ヒットポイントです。HPとも書きます。ヒットポイントというのは・・・」
面接官「聞いてません。帰って下さい。」
1__「あれあれ?怒らせていいんですか?使いますよ。イオナズン。」
面接官「いいですよ。使って下さい。イオナズンとやらを。それで満足したら帰って下さい。」
1__「運がよかったな。今日はMPが足りないみたいだ。」
面接官「帰れよ。」
2006年11月29日 12:08分類不能コメントを読む( 21 )書く
0.0
(0票)

plusminus

牧師に届いた手紙

2006年11月29日 09:01コメントを読む( 8 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
572 名前: なまえをいれてください 04/10/07 16:15:16 ID:sZSCa1q0

ある朝牧師は手紙を受け取った。
封筒の中身を見るとそこには一言バカと書かれていた。

次の月曜に彼は説教の中でこう知らせたんだ
「手紙の中身を書いたのに名前を書き忘れる人はたくさんいます、しかし今週は名前は書いたのに
中身を書き忘れたしまった人から手紙を受け取りました」
2006年11月29日 09:01分類不能コメントを読む( 8 )書く
0.0
(0票)

plusminus

なぜドット絵ゲームが1番面白いのか

2006年11月28日 13:46コメントを読む( 29 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://cocoa.2ch.net/famicom/kako/1000/10008/1000805591.html


1 名前: 名無しさん 01/09/18 18:33 ID:9yP4YoHM
なぜ3Dゲームはドット絵ゲームを越えられないのか、
またはどうしたら越えることが出来るかについて話し合うスレです。


8 名前: 名無しさん 01/09/18 18:42 ID:zYALFXWM
正直理由は「3Dにする必要のない」物が多いから。
中には3Dをうまく使ったソフトも。
こればっかりはやってみないと分かんないよ。


続きを読む
2006年11月28日 13:46長編スレコメントを読む( 29 )書く
0.0
(0票)

plusminus

親父との晩酌

2006年11月28日 09:07コメントを読む( 6 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://that.2ch.net/gline/kako/1044/10443/1044343577/


195 名前:呑んべぇさん 投稿日:03/01/07 21:51
些細なことで弟を交え、親父と喧嘩したのは去年の6月頃だった。
それまでお盆は勿論、月一は実家に帰ってたのに、全く寄り付かなくなった。
その実家から荷物が送られてきたのが11月頃。 中身は米とビール。。。
エビスが入ってたんで間違いなくお袋からだと思い(親父は俺の嗜好を知らない・・・と思ってた)
実家のお袋に電話したんだけど、荷物を送ってくれてたのは何と親父だった。
こんなの全く洒落にならないよ。
でも結局、俺が素直になるきっかけを作れなくて、久々に実家帰ったのは大晦日だった。
実家に帰った俺に親父もお袋も今までどおり、何事もなかったかのように「お帰り」といってくれた。
俺も出来るだけ素直な気持ちで「ただいま」と言ったつもりだったけど、実際は恥ずかしくて・・・
声になってなかった。
止まってた時計が、何事もなかったようにまた転わり出した気がした。
その日、久しぶりに親父と晩酌した。
2006年11月28日 09:07出来事コメントを読む( 6 )書く
0.0
(0票)

plusminus

ばあちゃん、悪徳業者を撃退す

2006年11月27日 20:23コメントを読む( 15 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://that.2ch.net/gline/kako/1044/10443/1044343577/


599 :おさかなくわえた名無しさん :03/01/16 11:04 ID:rAMgkNlp
ばあちゃん家に床下換気扇の業者が来た時の話勝手に家の周りを調べて、ばあちゃんを呼び出し
『お家の中が湿気っぽくないですか?押入れに入れてる布団がカビ臭かったり、湿気てませんか?』
ばあちゃんも『そういえばそうだねぇ〜』
「床下をちょっと見たんですけど、柱が腐りかけてますよ」
あたしもその時家にいてヤバイと思ったので、出て行こうとしたら
「あんたは来なくていいよ。来ると面倒だからね」とあたしの居る部屋へ向かって言った。
業者が「どなたかいらっしゃるんですか?」と聞いたら
『えぇ。主人がね、時々出てこようとするんですよ。』
「ご主人がいらっしゃるんですか。」
『3年前に亡くなったんですけどね。誰か尋ねてくると出てこようとするんです』
業者はヤバイばあさんだと思ったのか、帰ろうとしていたが
ばあちゃんが、『湿気の話はどうなったんだい?』って聞くと
「湿気の原因はおじいさんみたいですので、問題ないですね。」と言いながら
帰っていった。
今年92歳になるばあちゃんですが,物凄く頭冴えてます。
こういう状況のときはボケを装ったりしてます。うちの母ちゃんに見習わせたい。
2006年11月27日 20:23出来事コメントを読む( 15 )書く
0.0
(0票)

plusminus

ボケ防止の本

2006年11月27日 20:07コメントを読む( 6 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1139400666/


34 :('A`):2006/04/11(火) 00:17:14 0
昨日、おじいちゃんがボケ防止の本を買ってきた。
今日も買ってきた。
2006年11月27日 20:07出来事コメントを読む( 6 )書く

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
RSS
  RSS
QRコード
QRコード
アクセスランキング