数年ぶりに色々と手直し中。。

ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd

ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2ndの更新情報をTwitterで垂れ流し中!  
(・ω・)ノ ヘッドライン


0.0
(0票)

plusminus

外国人は折り紙がお好き?

2007年03月03日 09:46コメントを読む( 25 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1172036243/


215 名前: 日出づる処の名無し [sage] 投稿日: 2007/03/02(金) 20:53:23 ID:ocmGQEyX
>>213
折り紙好きな外人、結構いるのかな?
俺、手が寂しくなると手近の紙で折り鶴を折る癖がある。
半ば無意識にする作業なので、結構適当なのだけど。

以前、東海道新幹線の中でボケ〜っとしていた時、いつの間にかこの癖が出ていたのよ。
いきなり目の前の座席がガクッて激しく動いたもんで我に返った。
手元には、チェルシーの包み紙とか弁当の包装紙を千切った色紙とかで、小さいながらも
カラフルな鶴が5羽くらい出来上がってた。

目を上げると、外人の男の子が目をキラキラさせながら「クー、クー!」って囀ってる。
・・・あぁ、coolって言ってんだな、ってわかったのはしばらくしてからだった。
悪い気はしないんで、一番きれいに折れていたのを進呈した。
すると、空いてた隣の席に移動してきやがった。3人に増殖してw
増えたのは、妹2人だったようだ。

自分にも折れ、この紙を使って折ってくれ!とうるさいので、言われるまま折ってやると
もう興奮しまくりな様子。
ちょっと気をよくした俺、時間が余裕あったんで、大きめの紙で足つきの鶴も折ってみた。
予想通り、興奮最高潮!w

・・・なぜか親まで出てきてハグされた。微妙だった。
結局、馬と象、犀に河馬に犬、そして蟹(ちゃんと足が8本あるヤツ)まで折らされた。
間違いなく、俺も調子に乗っていたな、あの時は。

俺が先に降りたんだが、ガキンチョどもは窓の向こうで俺の作った動物を振り回しながら
笑顔一杯で見送って?くれた。

動物の名前以外、まったく会話が成立しなかったけど、ホンワカした良い時間だったな〜。



このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年03月03日 09:46出来事コメントを読む( 25 )書く
0.0
(0票)

plusminus

ワタクシは屁なんてしないダンディーな父です

2007年03月03日 00:28コメントを読む( 10 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1171593519/


252 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/03/02(金) 09:37:27
結婚を前提に付き合ってる彼女を、自宅に招待して食卓を囲っていたときのことだが・・・

ドブゥッ
全員「・・・・・・」

明らかに彼女だ。彼女の尻から聞こえてきた。間違いない、屁だ。
すると母が「やだあ、お父さん!」とすかさずフォロー!
ナイスだ母さん!俺はハイタッチしそうになったがこらえた。
しかし父は「いや、俺じゃないぞ!本当だって!」
父よ、何故にそこでマジギレするのか?折角いい方向に向いてたのに!
アレか?彼女に「屁なんてしないダンディーな父です」とでも言いたいのか?バカが!

そうこうしてるうちに俺が焦り狂ってつい「ごめん、お、俺だ!」なんて言ったら、
彼女が「す・・・すみません。私でした・・・」と正直に告白してしまった。

俺が彼女をなんとか救おうと悩んでいると、
父が「昨日はキムチ食べた?そんな臭いだね」などと笑いながら言い出した。

俺はこの時以上に父がリストラされた理由を実感できた日はない。
2007年03月03日 00:28出来事コメントを読む( 10 )書く
0.0
(0票)

plusminus

ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい

2007年03月02日 14:58コメントを読む( 9 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1172628714/


50 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/02(金) 01:16:49 ID:BrwDazWo
「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」
ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。
「何かありましたか?」
「あなたわからないの?黒人なんかの隣には座りたくないのよ!こんな人迷惑だわ」
女性の隣では、黒人男性が憮然とした顔で座っている。
「お客様、少々お待ち下さいませ。空いている席を確認してきます」
乗務員は足早に立ち去り、周囲の乗客はザワザワと不穏な空気。
しばらくして乗務員が戻って来た。
「お待たせしました。ファーストクラスにひとつ空きがありますので、どうぞそちらへ。
本来ならこういうことはできないんですが、隣の席がこんな人では確かに迷惑でしょうと、
機長が特別に許可しました。さ、どうぞ」

周囲の乗客は、にこやかに黒人男性を見送った。
2007年03月02日 14:58分類不能コメントを読む( 9 )書く
0.0
(0票)

plusminus

クリームパン帰ったら食べようと思ったのに

2007年03月02日 14:56コメントを読む( 7 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1171805654/


97 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/02(金) 03:49:35 ID:gFjGj7JB
電車の中にて、女子高生たち。
卒業式の後の打ち上げか何かの話をしているらしい。
「あれ(?)用意してー……あ、パン!」
「パン?」
「クリームパン帰ったら食べようと思ったのに」
「ああー……え?で、パンは何の話?」
「関係ない話」
「え?パンは?パンは何?何で今パンの話した?」

パンどうしたw
2007年03月02日 14:56出来事コメントを読む( 7 )書く
0.0
(0票)

plusminus

一応彼はその王国ではアイドルです

2007年03月02日 13:34コメントを読む( 13 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1170552353/


636 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/03/01(木) 10:59:38 ID:ZW5+B/k2
ディズニーで
「おぅ、ネズ公。ちょっとシャッター押してくれや。」
とミッキーにカメラ渡した爺さんを見掛けた。
2007年03月02日 13:34出来事コメントを読む( 13 )書く
0.0
(0票)

plusminus

格差の原因は?

2007年03月02日 13:26コメントを読む( 18 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/gline/1169054130/


903 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 00:15:46 ID:K2LJntLp0
格差の原因は大半の場合で「意欲」


904 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 03:09:55 ID:vLpbbnawO
>>903
そしてこれに反論するやつの大半が図星なワケだな


907 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 09:05:40 ID:u5EyRA940
お上の政策にも文句を付けたいが、やっぱ根本は>>903に同意だな。
俺25でバイト君だけど、ホントに何もやってこなかったもん。
学生時代は特にやりたいこともなくフラフラ。
今も資格ないし、とろうという気も起きない。

じゃあそんなやる気のないロストジェネレーションを作った
教育が悪いんだ!!という人もいるだろうけど、
そこまで人のせいにしたら大切な何かが消えてしまうような気がする。
まともに教育受けてないアメリカ人・中国人・インド人の底辺なんか燃えに燃えてるからな。

新聞で見たけど、最近の学生は内定が決まった後でも会社に
「学生時代の内にやっておくべきことはありますか?」とか聞いてるんだってね。
そんなにやる気のある奴らと、1仕事が1年以上続かない俺と、
同じ給料じゃさすがに悪い気がする。


909 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 10:16:44 ID:IsHOwSzt0
格差格差言ってる人たちは「一億総中流時代」を懐かしんでるだけなんでないの?

それか、昔はお互い「うちは他所よりはまし」と思ってたのが、
テレビにあおられて自分より上ばかり見るようになって
なんだか自分が下のほうにいる気がしてるだけ
今も昔も大して変わってないんじゃないの?
2007年03月02日 13:26分類不能コメントを読む( 18 )書く
0.0
(0票)

plusminus

男の一人暮らしはデンジャラス

2007年03月02日 11:07コメントを読む( 19 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1170581575/


612 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/03/01(木) 14:38:17 ID:rjNSu12i
夜中に寝ぼけてトイレ入って大して流し忘れて
その後1ケ月出張に行った俺が来ましたよ

この程度でも部屋とトイレが祭り状態になってたから
腐乱死体なんて相当な事になってんだろうな


613 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 14:40:26 ID:hqqPId0u
>>612
大はヤバイねw

俺も、田舎から送ってきたリンゴや野菜を戸棚に入れたまま
3ヶ月の長期出張に・・・

帰ってきたら、虫の楽園キタコレ


615 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 14:53:23 ID:rjNSu12i
>>613
たまねぎを夏場に常温放置してたら
ウジでシシ神さまみたいになってる時もあったw
男の一人暮らしはデンジャラスだよな
2007年03月02日 11:07連係プレイコメントを読む( 19 )書く
0.0
(0票)

plusminus

ティッシュ配りのバイトをしていた時の話

2007年03月02日 10:09コメントを読む( 8 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
884 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 19:00:35 ID:n0Ilb+id
ティッシュ配りのバイトをしていた時。
拘束時間と配る量は決まっていたので、バンバン配ると時間が余るからペースを考えろと雇用主に言われていた。
一人一個に決めて配っていたら、スーツ着たおじさんが「もっと寄こせ」と言ってきた。
「すいません。お一人様一個なんですよ」と謝ると、
「それならこんなもんいらん!」と顔にティッシュを投げつけられた。
ショックで呆然としていたら、そのすぐ後ろから来たおば様4人組みが
「まー!女の子になんて事すんの!?」
「ひどい事する人がいるわねー!!」とおじさんに聞こえるくらいの大声で叫んだ。
そして落ちたティッシュを拾ってくれて、口々に
「あんな人の事気にしちゃダメよ」
「ケガしてない?大丈夫?」と慰めてくれた。
「ありがとうございます」と何度もお礼を言うと「がんばってね」と去って行った。
ティッシュ握ったままちょっと泣いた。


885 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 19:48:36 ID:oTBiTsTe
ティッシュ配り・ビラ配りのバイトって精神的にきついよね。
人として見てもらってないな…って感じることばっかで。
そういうとき、>>884みたいに優しい人に遭遇すると
心底嬉しいよね。
2007年03月02日 10:09出来事コメントを読む( 8 )書く
0.0
(0票)

plusminus

母ちゃんのところに振り込め詐欺の電話がかかってきた。

2007年03月02日 09:40コメントを読む( 8 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1153714838/


670 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/02/27(火) 17:26:48 ID:VHoZC2Ek
うちの母ちゃんのところにも振り込め詐欺の電話がかかってきた。
お宅の息子さんが痴漢を働いて〜〜 という例のヤツ。
息子が痴漢を働くもなにも、うちは自営業なので、そもそも出勤しない。
それを聞いた母ちゃん、ノリノリで詐欺師の口座番号を聞きだす。
「わかりました。すぐに振り込みます。あ、ところで、息子の声を聞かせてください」
「母さん、オレ・・・ グスグス」
とか受話器の向こうで詐欺師が泣いている。
そこで母ちゃん。思いっきり大きな声で。
「お前は死ね。自分の金玉噛んで死ね。いい歳こいた大人が泣くな」
ありとあらゆる罵倒をくり返す。
さすがにたまらなくなったのか、息子役の詐欺師、刑事役の詐欺師と交代する。
「息子さんも充分反省しているようですので、お母さん、あんまり責めないで・・・」
「うちの息子は今、家にいます!!」
そう叫んでガチャ切り。

そんで、その後、警察に、「これが振り込め詐欺の口座です」って届けに行った。
2007年03月02日 09:40出来事コメントを読む( 8 )書く
0.0
(0票)

plusminus

ツンぬこ様のハートを射止めるのは誰だ!?

2007年03月02日 09:24コメントを読む( 11 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/gline/1171348754/


425 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 2007/02/19(月) 11:21:29 ID:Vs7GCbUJ
うちの隣に先月越してきた、ぬこと若夫婦。
そのぬこがすごい美猫でツンツンててて、たまらなく萌える。
旦那もぬこ好きなのだがコッソリ仲良くなってから紹介して
びっくりさせようと秘密にしておいた。
しかし気位の高いぬこ様は、なかなか心を開いてくれない。
長期戦だなと思ってた。
 
ある日うちの三歳の息子が窓際でカーテンに隠れて何かやってる。
また隠れてウンチしてやがる・・・と覗き込むと、
窓ガラスのすぐ向こうに隣のぬこ様が!
親密な様子で息子と何か語り合ってた。
私に気づいて「チッ」て顔して悠々と立ち去るぬこ、
「ママはダメなのに!ママはダメなのに!」と半泣きで抗議してくる息子。

いつまで経っても「ママ」「ママ」と甘ったれで
「あのねー今日ねー○○が△△でねー」と出来事全てを私に報告してた息子。

いつの間にか私に内緒の「おともだち」なんか作っちゃって。
しかもその子、ママだってお気に入りだったのに。
先越されるなんて思ってもみなかったよ。

帰ってきた旦那に報告すると
「ええー!隣の猫だろ?俺が最初に仲良くなろうと思ってたのに・・・」
とがっくり。

似た者家族すぎて笑った。
2007年03月02日 09:24出来事コメントを読む( 11 )書く

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
RSS
  RSS
QRコード
QRコード
アクセスランキング