数年ぶりに色々と手直し中。。

ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd

ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2ndの更新情報をTwitterで垂れ流し中!  
(・ω・)ノ ヘッドライン


0.0
(0票)

plusminus

お茶くらい、バカでも汲めるって?

2007年02月22日 00:51コメントを読む( 21 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1171248952/


697 名前:その1[sage] 投稿日:2007/02/21(水) 23:19:02 ID:BJdX7rff
いつも「これだから女はだめだよなぁ。仕事しろよし・ご・と!」とのたまう
そりゃあいやな同僚(A)がいた。本人は仕事ができると豪語し、いつも忙しそうに
キーボードを叩いてる。俺様だけができるとPCを独占。ちなみに98が出た頃。
生憎私たちの部署にはPCへの知識を持つ人間が彼しかおらず、それもあって放任。
PCが忙しいもんでを口実に、電話も取らない。ものも周りに取らせる。
女子社員は全員バカと見下し、年上でも年下でもせせら笑う。
全員腹に据えかね、いつか仕返ししてやろうという意見が数々出ていた。

三日後、朝から不快な言動でいらいらしてたところで、お茶汲みに行こうと
席を立ったところで決定的な一言。
「お茶くらい、バカでも汲めるよなぁ。なあ?」聞いた相手は後輩。
これにプチっと切れた。
目の前にお盆を叩きつけ、「バカでもできるお茶汲みをしてください。PCは
私が操作します。別にこれはあなたの所有物でもなく、お茶汲みは私たちの仕事だと
社則に書かれているわけでもありません。あなたは自称エリートだからできるんでしょ?」
と強引に席を譲らせ、画面を見て「へぇ、かな入力なんだ。ワープロじゃあるまいしw」と
言うと、顔を真っ赤に。けれど、デスクトップを開くと、今度は真っ青に。


699 名前:その2[sage] 投稿日:2007/02/21(水) 23:20:23 ID:BJdX7rff
「このキャラクター誰ですか?可愛いですね。姪っ子が喜ぶから教えてくださいよ」
そこにはデカデカとアニメキャラの顔が。もちろん席を離れている間に、
その辺は調査済み。かな入力も、アニメキャラのデスクトップも、俺詩みたいな
へんてこな文章を書いてるのも、ソリティアしてるのも。
「へえ、こういう表もwordで作るんですか。すごいですね。私ならexcelで作っちゃうけどな。
ああ、Aさん、以前excel入ってないって言ってましたよね?あれ?ありますよ?」
そして、PCの前の表の作成例を見て、
「これなら普通にやれば15分でできますね。さあ、早く汲んで下さいよ」
別の女子社員が追い立て、給湯室に。その間に課長を呼び、全てを説明。
湯呑みを盆に載せて怒りながら帰ってきた彼に、課長が事情説明を求めるが、終始言い訳。
女子全員で湯呑みを手に取り、一口飲み、
「うわ、ひどい。バカでも汲めるお茶が汲めてないよ?」

彼はその後二度とPCには触らせてもらえなかった。もちろんお茶汲みもさせられないので、
ひたすら肉体労働(書類を倉庫に、など)ばかりの日々になった。


701 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/02/21(水) 23:25:10 ID:uCY+8rXZ
>>697
>>699
GJ!!
しかし「バカと言う奴がバカ」をここまで具現化した奴も珍しい……。



このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年02月22日 00:51出来事コメントを読む( 21 )書く
0.0
(0票)

plusminus

パパとママどっちが好き?

2007年02月22日 00:36コメントを読む( 14 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/gline/1171162910/


171 :名無し@話し合い中 :2006/09/09(土) 15:01:45
息子が大好きなお饅頭食べてるとき、
パパとママどっちが好きと聞いたら少し考えてから
お饅頭2つに割って

「どっちが美味しい?」

と俺に聞いた。
まじに一級さんの生まれ変わりかもしれない。


私も旦那と喧嘩多いけどガンガろ(`・ω・´)シャキーン!
2007年02月22日 00:36出来事コメントを読む( 14 )書く
0.0
(0票)

plusminus

私、大人になる自信ないねん。

2007年02月21日 13:39コメントを読む( 16 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1155133963/


944 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/02/14(水) 20:09:12 ID:zP1uu+aU
先ほど電車の中で
チョコを父親に渡すという女子高生の会話。
A「お父さんとかって、あげた物を絶対私らに食べさせてくれるやん?」
B「うんうん!」
A「私、大人になる自信ないねん。絶対子どもにあげる前に食べちゃうよねえ」

なんか和んだ(*´д`*)
2007年02月21日 13:39出来事コメントを読む( 16 )書く
0.0
(0票)

plusminus

あ、臭いことは否定しないんだ…。

2007年02月20日 12:45コメントを読む( 11 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1155133963/


972 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/02/18(日) 01:46:35 ID:UXlnq8/s
男「ホワイトデーに何送ったら喜ぶかな。消臭剤とかいいかな」
女「香水とかがいいんじゃない?」
男「ああーでもそういうのあげたら余計臭くなるかな…」
女「うーん…」
男「でも好きなんだよなあ、そういうのひっくるめて全部愛せる自信ある。
  ああ、早く会いたいなあ…」

男の言っている相手はどんなんだろうと、とても気になった。
2007年02月20日 12:45出来事コメントを読む( 11 )書く
0.0
(0票)

plusminus

そういや飛影は黒の章を欲しがってたっけなぁ

2007年02月20日 09:27コメントを読む( 9 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/gline/1169969876/


671 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/02/19(月) 09:41:40 ID:8GNzwy4A0
>>670
中学の頃、教師からの評価を良くしたかったのと、
ケミカルな雰囲気が格好いいと思い込んで理科室の手伝いを良くしていた。
(といってもゴム栓に穴をあけたり、ビーカーを掃除したりする程度)
でも当時の俺は、自分がだんだん子供ながら天才的な化学の知識を持つ
すごい奴だと勘違いし始め、ある日友人を無理やり誘って理科室に忍び込んだ。
そこで適当な物質(っつっても多分ふっとう石とか)を指で触りながら
「へえ…○○先生もなかなか良い物を仕入れて来るんだな。」とか言ってたり、
適当な薬品の入った瓶を傾けて
「ははっ。ちょっと調合の具合がおかしいかな。ま、授業用には十分か。」とかほざいてた。
友人は当然ハァ?って感じ。
それでも俺はおかまいなしに「ふん。」とか「ははっ!」とかやってた。
そんで一番奥の戸棚を開けて急に表情を変え、
「!!これは!○○先生!いったい…!なんて物を!何をしようとしてるんだ!」
って言ってみせた。友人も驚いて「それそんなヤバイの?」って聞いてきた。
俺は「こんなの黒の教科書の挿絵でしかみたことないぜ…!
それなら、もしかしてこっちの瓶は!?」って別の瓶を手に取って嗅いだ。
そしたら、それはなんか刺激臭を発する化学物質だったらしく、
(手であおいで嗅がなきゃいけない奴)直嗅ぎした俺は
「エンッ!!!」って叫んで鼻血を勢いよく噴出しながら倒れ、友人に保健室に運ばれた。
俺は助かったが、どうやら俺の友人が変な勘違いをしたらしく、
「××(俺の名前)は黒の教科書に乗ってる毒物に感染したんです!!」ってふれまわっていた。
それ以来俺のあだ名は毒物くんになった。当然もう理科室に行く事は無くなった。
2007年02月20日 09:27出来事コメントを読む( 9 )書く
0.0
(0票)

plusminus

ネェさん、お疲れ様です!

2007年02月19日 12:16コメントを読む( 7 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1171248952/


387 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/02/18(日) 15:20:50 ID:pf+HOIen
893関連でひとつ。

友人の結婚式の帰り、髪をアップにして(フワフワな感じではなくピチッっとした感じで)
黒の訪問着を着て自宅最寄り駅前の大通りを歩いていたときのこと。
道端で若い893のお兄ちゃんに「ネェさん、お疲れ様です!」と最敬礼された。
ビックリしたが岩下志麻ファンなので「あら、ご苦労さんね」とドキドキしながらも返事をした。
すれ違って10mほどしてから、後ろから「あっ!間違えた!」という声が聞こえた。
私は走って逃げた。
2007年02月19日 12:16出来事コメントを読む( 7 )書く
0.0
(0票)

plusminus

無言電話がかかってきた。懲らしめてやろうと思った。

2007年02月18日 23:55コメントを読む( 9 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1169730638/


362 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/02/16(金) 22:39:50 ID:7TaJhu+j
最近イタズラ電話がひどかった。
今日も、無言電話がかかってきた。
懲らしめてやろうと思った。
電話がきた。とる。
俺「もしもーし!」
相手「・・・・」
俺「もしもぉぉおぉし!!」
相手「・・・・」
俺「あぎやぁぁぁぁぁあぁぁ!!あーあぁぁぁぁぁあぁぁ!
ハァハァハァハァ(吐息の音)・・イーヒッヒッヒッヒッヒッヒッ
あがががぁあがぁぁぁぁ!!ハァハァハァハァ(吐息)」←以下エンドレス
相手「・・あの・・○○さん家のお宅でしょうか?」
俺「はい、そうですが?」相手「●●さん(妹)の同僚のAと申します・・」



死にたい


363 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/02/16(金) 22:41:31 ID:srQ3z4zv
>>362
>俺「はい、そうですが?」

バロスwwwww冷静wwww
2007年02月18日 23:55出来事コメントを読む( 9 )書く
0.0
(0票)

plusminus

犬の考え方。猫の考え方。

2007年02月18日 12:24コメントを読む( 26 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1166717814/


670 :名無し募集中。。。 :2007/02/15(木) 00:43:35.36
犬:
この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、
気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、
可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる・・・。
この家の人たちは神に違いない!

猫:
この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、
気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、
可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる・・・。
自分は神に違いない!
2007年02月18日 12:24分類不能コメントを読む( 26 )書く
0.0
(0票)

plusminus

じゃあどんくらい好きなの?

2007年02月18日 09:39コメントを読む( 5 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1155133963/


952 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/02/15(木) 15:04:53 ID:JCCHqLr2
電車でとなりにいた女子(10代後半?)2人の会話

A「そんなにあの先生が好きなんだ」
B「うん!本気恋だねこれは」
A「おおー。じゃあどんくらい好きなの?」
B「うーん…よだれが出るほど好きだね!」
A「汚いwwwww」
B「ていうか四六時中分泌されてるしね。よだれ」
A「ああー」

よだれ出る〜四六時中のテンションの差がすごくて笑いそうになった
2007年02月18日 09:39出来事コメントを読む( 5 )書く
0.0
(0票)

plusminus

真っ赤に染まった私

2007年02月17日 11:42コメントを読む( 16 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://ton.2ch.net/gline/kako/1026/10265/1026541397.html


14 : :02/08/03 19:14 ID:5Qq7rZXd
小学校の時、何か(よく覚えてない)をペンキで塗ろうとして
スプレーのペンキを買ってきた。
しかし、なんかスプレーを使い慣れていないのでうまく塗れない。
スプレーより刷毛で塗った方がいいような気がしてきた。

子供ながらに考えたのはスプレーの中にはペンキの液体が入って
いるのだから、それをこのスプレー缶からなんとか出して刷毛で塗ろうと。
迷わず、台所にいき、取り出してきたのは缶きり。
裏から缶詰めのように開けたら楽勝♪

ブシっと刃を刺すと
すごい勢い私の手から離れ、ペンキをまき散らしながら部屋中を
カーン!ゴン!ガッガーン、ゴン、ガン!カーン!
カン!ゴゴン!ゴン、ガン!カーン!
とテーブルや水屋や冷蔵庫にぶつかりながら、
スプレー缶は飛び回りました。
どうすることも出来ず、、、立ち尽くす私。
ようやく収まった時は台所は真っ赤になってました。

「ピコピコ、ガスが漏れてはいませんか?
ピコピコ、ガスが漏れてはいませんか?
ピコピコ、ガスが漏れてはいませんか?」
空しくひびくガス警報機のおねいさんの声・・・。

その直後、帰って来た母は
真っ赤な台所にこれまた、真っ赤になった私を見て
悲鳴をあげてました。修羅場だったと思います。
2007年02月17日 11:42出来事コメントを読む( 16 )書く

スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
RSS
  RSS
QRコード
QRコード
アクセスランキング