数年ぶりに色々と手直し中。。

ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd

ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2ndの更新情報をTwitterで垂れ流し中!  
(・ω・)ノ ヘッドライン


0.0
(0票)

plusminus

横断歩道は歩行者が渡るトコロだって習わなかったかい、お兄ちゃん?

2017年12月13日 00:10コメントを読む( 11 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://livedoor.4.blogimg.jp/ayacnews/imgs/4/c/4ce47536.gif




このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月13日 00:10分類不能コメントを読む( 11 )書く
0.0
(0票)

plusminus

友達が遊びに来たときにおばあちゃんが焼きおにぎりを出してくれた。

2017年12月12日 21:10コメントを読む( 15 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
36 名前: 高校教師(東京都)[] 投稿日:2007/05/16(水) 11:23:12 ID:v7BESc/d0
消防の頃、友達が遊びに来たときにおばあちゃんが
焼きおにぎりを出してくれた。
俺はいつも食べているので恥ずかしかったが、なぜか
友達からは絶賛を受ける。
それからほぼ毎日野球やった後はウチに来て、
おばあちゃんの焼きおにぎりを食べて帰ってた。

去年のおばあちゃんの葬式にその友達と10数年ぶりに
再会した。訃報を聞いて駆けつけたと聞いて、涙が出た。
2017年12月12日 21:10出来事コメントを読む( 15 )書く
0.0
(0票)

plusminus

ジャンプ力が足りない。でも頑張る。そんなキミが好き。

2017年12月12日 18:10コメントを読む( 4 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://livedoor.4.blogimg.jp/ayacnews/imgs/6/1/619ef7f3.gif

2017年12月12日 18:10分類不能コメントを読む( 4 )書く
0.0
(0票)

plusminus

登校中のランドセル背負った女の子と、建設現場の警備してる初老のおっさん

2017年12月12日 15:10コメントを読む( 12 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
140 :おさかなくわえた名無しさん :2006/12/15(金) 08:02:14 ID:ovcN0mvE
ついさっき、登校中のランドセル背負った女の子と、
建設現場の警備してる初老のおっさんが、
すれ違い様にハイタッチを決めていった。
どちらも無表情。
2017年12月12日 15:10出来事コメントを読む( 12 )書く
0.0
(0票)

plusminus

刮目せよ!これが…これこそがローリングアタックだっ!!

2017年12月12日 12:10コメントを読む( 7 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://livedoor.4.blogimg.jp/ayacnews/imgs/b/4/b4967bad.gif

2017年12月12日 12:10分類不能コメントを読む( 7 )書く
0.0
(0票)

plusminus

深夜バスで、映画をかけますと言われても

2017年12月12日 09:10コメントを読む( 14 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
193 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2010/03/15(月) 20:57:08 ID:4uLFfCEa0
そういえば深夜バスで、映画をかけますと言われても
「ふっ、どうせ寅さんとか釣りバカだろ」みんなどうでも
よさそうだったが「本日は、スピードです」と言われ、
何人もが無言でヘッドホンを着装w
止まらない高速バスの中で、バスジャックパニック映画は
良かったw
2017年12月12日 09:10出来事コメントを読む( 14 )書く
0.0
(0票)

plusminus

赤ちゃんにすりすりしちゃうネコ。マジ甘えん坊w

2017年12月12日 00:10コメントを読む( 18 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://livedoor.4.blogimg.jp/ayacnews/imgs/c/b/cb4fe1cb.gif

2017年12月12日 00:10分類不能コメントを読む( 18 )書く
0.0
(0票)

plusminus

弟と2人で商店街で買い物してる時、すごくかっこいい猫に会った。

2017年12月11日 21:10コメントを読む( 5 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
787 名前: わんにゃん@名無しさん [sage] 投稿日: 2007/05/15(火) 22:54:31 ID:xjHIS+bD
弟と2人で商店街で買い物してる時、すごくかっこいい猫に会った。
弟が「あ、かっこいい猫だ!」と指差す方を見てみると、
すごく大きくて、筋肉の筋がツヤツヤな毛皮の下から浮き上がってるような、
黒豹みたいに立派な黒猫が商店街の真ん中を歩いていた。

その猫は、声に気付いたのか、こちらを振り向いて立ち止まっている。
私達が近づいても逃げないどころか、まるで待つように立っていて、
「触りたきゃ好きなだけ触んな」というように大らかに構えている。
思う存分モフらせて頂いたあと、「満足したかね、それでは」という風情で、
悠然と歩き去る姿を見送りながら、弟と、「かっこいい猫だったねえ」、「かっこよかったねえ」
と、暫し感慨に耽った。
2017年12月11日 21:10出来事コメントを読む( 5 )書く
0.0
(0票)

plusminus

今見直すと訳分からん事書いてるorz

2017年12月11日 18:10コメントを読む( 6 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 19:45:26 ID:OXGWNcEK
今見直すと訳分からん事書いてるorz


704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 19:48:26 ID:k/fvjJqp
気にするな
俺は自分のレスに反論したことある
2017年12月11日 18:10連係プレイコメントを読む( 6 )書く
0.0
(0票)

plusminus

「俺みたいなのはきっと蔑まれるんだろうな」

2017年12月11日 15:10コメントを読む( 18 )書く 人気記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
84 :名無し職人:2006/12/13(水) 01:58:26
今日、生まれて初めてバイトに行ってきた。
高校終わり頃から引きこもりはじめ、附属だからエスカレーターで大学にいくものの、
オタでキモな俺は誰かと会うのが苦痛で、最初の1年はほとんどを無駄に過ごした。

今年になって、だんだん「これじゃだめだ」と思うようになり、大学にもぼちぼち通いだした。
小遣いくらいは自分で稼ごうと思ってバイトを探して、荒療治だけどここでやらないともう後がないと思い、
コンビニのレジに申し込んだ。

生まれて初めての面接でとても緊張した。
どもりながら、一生懸命話したつもり。後日、採用の電話が来た時は腰が砕けそうになった。

そして今日。
研修ということで従来の二人勤務に自分が加わる形でバイトが始まった。
1つ上と2つ上の男の先輩で、どちらも系統こそ違うが整った顔立ちだった。
「俺みたいなのはきっと蔑まれるんだろうな」と鬱々になっていたけど、
2つ上の人は、俺の目を真っ直ぐ見て、仕事上の上下はあるにしても、人間として対等に接してくれた。
1つ上の人は、とても親しげに接してくれて、気軽に話しかけてくれた。


85 :名無し職人:2006/12/13(水) 02:02:17
見た目がイイ人は性格がどこか捩れてるという先入観は見事に砕かれた。

メモ帳を取りに控え室に戻ろうとすると、中から話し声が聞こえてきた。
ひとつ前の時間帯に勤務していた女子高生2人と、商品補充を取りに行っていた2つ上の先輩だ。

「○○せんぱぁ〜い、あのヒトですか?新人のwなんかキモくないですかぁ〜?w使えなさそうw」

あぁ、そうだよな。そういう評価がつけられる外見だって自覚してた。先輩だって内心そう思ってるだろうな。

「・・・コンビニのレジは、いつからモデル業になったよ?使える使えないはこれから俺が判断する。というか、俺が
彼を使える様に鍛え上げるよ。話してみても、根が悪くないのは充分伝わったし。
お前らもな、そんな年で、いやまぁ、そんな年だからだろうけど、人のいないとこで、外見とかとやかく言うのは
やめておけよ。今のは聞かなかった事にするから。わかったな?」


86 :名無し職人:2006/12/13(水) 02:05:39
思いもかけない言葉を聞いて、思わず泣きそうになった。いや、多分半分泣いてた。

するといきなり扉が開いて、先輩が出てきた。
「・・・おっと。どうした?」
「あ・・・いえ、メモ帳取りに・・・」
「そっか、熱心だな。よっしゃ、どんどん教えるからさ、頑張ってくれな。期待してるから」

と肩を叩いて売り場に戻っていった。俺は震える声を必死に抑えて俯いてたけど、きっと先輩は
気づいていたんじゃないかと思う。

バイトの仕事はとても疲れた。頭も良くないし、要領も悪い俺に、二人の先輩は根気強く指導してくれた。

「不慣れで大変だったろ。でもまぁ、こんなのは数こなせば慣れるもんだから。最初はできなくて当然だし、
一生懸命やってくれてるしね。俺らもサポートするから、これから一緒にやってこうな」


お世辞にも外見良くないし、要領も頭も悪い俺に、ここまで気を使ってくれる人がいるとは思わなかった。
自分と正反対の世界にいるような人が、俺なんかを対等に扱ってくれるとは思わなかった。
見た目や印象でなく、あくまで一個の人間として、能力の得手不得手で扱ってくれる人がいると思わなかった。

スレ違いすいません。いつもこのスレで笑いや勇気を貰っていた手前、
ここに書きたくなって仕方ありませんでした。
長文乱文失礼しました。
2017年12月11日 15:10出来事コメントを読む( 18 )書く

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
RSS
  RSS
QRコード
QRコード
アクセスランキング